過払い金が発生する理由

最近、よくテレビやラジオで耳にするのが過払い金です。そもそも過払い金とはいったい何でしょうか。それは本来支払う必要がないのに貸金業者に支払ってしまったお金のことです。つまり、文字通り払いすぎたお金といえます。そして、しっかりと返還請求をすることによってお金を取り戻すことができます。では、そもそもなぜ過払い金は発生するのでしょうか。

過払い金が発生する理由は2つの法律が関係しています。一つは利息制限法です。利息制限法では上限金利を15から20%と定めています。利息制限法の上限を超えた金利を設定した場合には法律上は無効になるとされています。一方で、改正貸金業法の前の出資法という法律では上限金利が29.2%と定められています。この上限金利を超えると刑事罰が科せられます。しかし、利息制限法の上限金利を超えていても、出資法の上限金利以下の金利であれば利息制限法の上限金利を超えていますが刑事罰にはならないのです。つまり、これがグレー金利といわれるものです。貸金業者はこのグレー金利による金利を設定して、違法に高い金利を取っていたわけなのです。

つまり、このグレー金利の金利で返済していた人にとっては金利を払いすぎているのが過払い金が発生します。では、実際に過払い金を取り戻すにはどうしたら良いのでしょうか。そのためには何ができるのでしょうか。どこに相談すれば良いのでしょうか。これからこの点について記したいと思います。