専門家に相談しよう

自分で過払い金返還請求を行うことはできますが、現実には大変です。そこで助けてくれるのが専門家です。特に過払い金返還請求の場合には裁判が関係する場合も多くありますので、弁護士に依頼すると過払い金返還がスムーズに行くはずです。では、実際に弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、弁護士に依頼すると自分で行うよりも労力、時間がとられなくて済みます。実際に、過払い金請求は弁護士に依頼した時点であとの必要な手続きや書類は弁護士が作ってくれます。取引履歴などもすべて弁護士がやってくれますので、依頼した後は待っているだけで過払い金が返還されるのです。さらにどのようなメリットがあるのでしょうか。それは家族、周りにバレないで返還請求ができるということです。自分でやるとなると、貸金業者と書面でやり取りをすることになり、家族にバレてしまう危険が高くなります。しかし、弁護士に依頼するならそうしたことはありません。

最後に自分でやると貸金業者になめられてしまうということです。そのため、低い和解金額を提示されてしまうということがあります。しかし、弁護士の場合にはそうしたことがありませんので、正当な金額をしっかりと返還してもらえます。弁護士へ相談して借金の過払い金返還請求をしてもらいましょう。

過払い金を取り戻すには

借金で発生した過払い金を取り戻すにはどうしたら良いのでしょうか。まず過払い金には時効があることを覚えておきましょう。最終的に借り入れ、返済した日から10年以内が過払い金請求の時効です。ですので、最後に完済した日から10年以内かどうかをチェックすることが必要です。

もし10年以内であれば、過払い金請求を行うことができます。まず最初にするべきことは何でしょうか。それは取引履歴を取得することです。なぜなら、取引履歴がないと過払い金の計算ができません。それで、取引履歴の請求を貸金業者に書面で行います。それから引き直し計算を行い実際にどれだけ余計に支払っていたのかを明確にします。金額が分かったところで貸金業者との和解交渉になります。ここで和解できなかった場合にはどうなるのでしょうか。

次に行うことは裁判所です。過払い金返還請求訴訟を行います。そして裁判を行うための必要な書類を準備することになります。このように実際に過払い金の返還請求を行うためには専門的な書類や知識が必要となってきます。自分ですべてを行うのは非常に大変ですし、実際に労力と時間が取られます。では、誰に相談すると過払い金を取り戻すことができるのでしょうか。

過払い金が発生する理由

最近、よくテレビやラジオで耳にするのが過払い金です。そもそも過払い金とはいったい何でしょうか。それは本来支払う必要がないのに貸金業者に支払ってしまったお金のことです。つまり、文字通り払いすぎたお金といえます。そして、しっかりと返還請求をすることによってお金を取り戻すことができます。では、そもそもなぜ過払い金は発生するのでしょうか。

過払い金が発生する理由は2つの法律が関係しています。一つは利息制限法です。利息制限法では上限金利を15から20%と定めています。利息制限法の上限を超えた金利を設定した場合には法律上は無効になるとされています。一方で、改正貸金業法の前の出資法という法律では上限金利が29.2%と定められています。この上限金利を超えると刑事罰が科せられます。しかし、利息制限法の上限金利を超えていても、出資法の上限金利以下の金利であれば利息制限法の上限金利を超えていますが刑事罰にはならないのです。つまり、これがグレー金利といわれるものです。貸金業者はこのグレー金利による金利を設定して、違法に高い金利を取っていたわけなのです。

つまり、このグレー金利の金利で返済していた人にとっては金利を払いすぎているのが過払い金が発生します。では、実際に過払い金を取り戻すにはどうしたら良いのでしょうか。そのためには何ができるのでしょうか。どこに相談すれば良いのでしょうか。これからこの点について記したいと思います。